飲食店にとってコースターは大切なアイテムです

rp_img002_01_womandesign.jpg

■コースターを家で使っていますか

ランチョンマットやコースターはおしゃれなインテリア雑誌などでは必須アイテムですが、皆さんは実際に家で使っていますか。雑貨やインテリアにこだわりのある人は使っているようですが、そんなに多くはないようです。それでも、コースターなら来客があった時には出番があるようで、多くの家で食器棚に置いてあるのではないでしょうか。では、皆さんはどんなものを持っているのでしょう。

人気があるのは水滴をしっかり取ってくれる実用性を重視した布製や、デザインが可愛いカラフルなシリコン製、どんなインテリアにも馴染み手触りの良い木製など様々です。雑貨店に行くと色や形が変わったコースターも多く見られます。特に女性は可愛いデザインやこだわりのデザインを好みそうですね。

■日常使いをする人のコースター

一方で、酒好きの男性が密かに愛用するのが、Barなどで使用されている紙のコースター。行きつけのBarで使用されているおしゃれなロゴが入った紙コースターを持ち帰り、家飲みにも使っているという人がいるようです。

Barで使用されているものは実用的なうえ、ボロボロになったら簡単に捨てられるメリットがあるようです。中にはBarのマスターにコースターを売って欲しいと頼む人もいるとか。確かに、Barのオリジナルコースターはこだわりのかっこいいデザインが多いので持って帰りたくなるのもわかりますよね。

img002_02_barcoaster

■Barと紙コースターの程よい関係

元々、Barでの紙コースターの役割はグラスの水滴を吸収させるためと、水滴でグラスが滑ってしまわないようにするためにあります。映画などでBarカウンターの上をグラスが滑っていく画がありますが、そういったBarカウンターには特殊ワックスが施されていて滑りがよく、使うほどに味わいのある色合いがカウンターの魅力となります。それだけに水滴の付いたグラスが滑りやすくなるというわけです。本来、脚の付いたグラスは水滴が落ちにくいのでコースターを使用しないのですが、滑るのを防止するため使うようになったということです。

Barでのコースターの役割は実はもう1つあります。飲みかけの状態で席を立つ時に「まだ、飲むので下げないでください」というサインとして、紙コースターをグラスの上に置いておくのだそうです。さり気なく出来ればかっこいい大人の男を演出できそうですね。

■コレクター心をくすぐるオリジナルコースター

img002_03_coastercollecter

Bar側にとってもコースターはお店のアピールをする大切な広告媒体です。Barの雰囲気作りに大切な役割を持っていますし、素敵なデザインならお客様が持って帰ってくれます。ですから、Barのオーナー達はオリジナルコースター作りに力を入れて、結果魅力的なデザインのものが多くあるのです。その魅力に熱心なコレクターが付き、コレクター達は集めたコースターを壁に飾って楽しむようになりました。ヴィンテージものは売買もされているようです。

もちろん、Barだけでなくカフェやレストランでもオリジナルコースターを取り入れている店が数多くあります。店名だけのシンプルなデザインから、住所や電話番号を載せているもの、裏面に地図を記載しているものなど各店工夫をしています。紙コースターなら形も自由に変えることができるので、色やイラストだけでなく形でオリジナリティが出せる便利なアイテムになっています。お店の何周年記念に限定コースターを使うなんていうのもいいかもしれません。アイデア次第で無限に広告媒体としての可能性が広がります。

今まで持っていなかった人も、オリジナルコースターを手にすれば自分をアピールするきっかけになるかもしれませんね。

このページの先頭へ