使い捨てでもオリジナルにこだわったお店のコースターがオシャレ!

img031_01_impact

■使い捨てでも宣伝ツールになりうるオリジナルデザイン

「使い捨てアイテムで集客する」そんな方法があるんです。皆さんは、集客においてライバル店に差をつけるには何を考えるでしょうか?たくさんある競合他社に負けないように、その店オリジナルのセールスポイントが必要です。最近は「俺の○○」など一風変わったメニューの名前、マシュマロのスイーツ系ピザやこだわりのオリジナルパンケーキなどのように、インパクトのある商品がマスコミで頻繁に取り上げられていますね。

それではインパクトさえあれば大丈夫かと言うと、必ずしもそうではありません。なぜならこれらのお店はこだわりの商品を生かすべく、内装や、メニュー、パンフレット等にもこだわってブランド化されているからです。使い捨てられるコースターやペーパーナプキンでもそう。使い捨てられるものだからと既製品だけを使うのではなく、お店にあったデザインをされたものを使うことで印象に残りやすく、2回目、3回目の来店にもつながるでしょう。冒頭の「使い捨てアイテムで集客する」ことが可能になります。使い捨てだからといってもデザインは重要。こだわって作られたオリジナルのものには、人は自然と惹かれるものです。女性なら特にオシャレなデザインのものは持ち帰りたくなります。使い捨てコースターは、かさばらないので鞄などにも入れやすいでしょう。

使い捨てだからこそ、持ち帰ってもらう。コースターが宣伝ツールになりうるのです。そして持ち帰ってもらった時点で、既に他店との差はついているのです。

■知人の口コミこそ最も有力な集客方法

反対に来店するお客様の立場に立って考えてみると、カフェやバーのお店選びで重要視することはなんですか?味はもちろん、客層、雰囲気、アクセスしやすいかどうか、等…。特に口コミは重要なポイントではないでしょうか。ネットで探す時にも必ずチェックしたい口コミですが、実際にそのお店に行った親しい友人、知人に聞くのが最も有力かつ安心なお店選びだと言えます。

そんなときに役立つのがオリジナルノベルティ。単なる使い捨てで終わらせません。オシャレなオリジナルデザインのものは持ち帰るだけでなく、誰かに見せたくなります。「この間行ったお店、すごく良かったよ。ほらコースターもオシャレでしょう?」なんて話から、どんどん口コミで広がっていきます。もし記憶が曖昧でも、ホームページのアドレスが入っていれば大丈夫。さらに両面印刷にして裏面に地図を印刷しておけば、初めてのお客様でも下調べの必要はありません。むしろ知人・友人おすすめのお店にコースターを頼りに行く、なんて粋でワクワクしませんか。常連さんが自分のお気に入りとして、使い捨てのコースターをショップカード代わりに配ってくれるかもしれません。

 

img031_02_impact

■変形コースターや特殊加工など、オリジナリティは無限大!

コースターの利点を理解したなら、持ち帰りたくなる様なデザインにしたいですよね。他店との差をつけるためにも、オリジナルのデザインにとことんこだわりたいものです。表面にぼこぼことした特殊加工を施したり、リバーシブルで使える両面印刷、ハート形に変形したり、金や銀の箔を使った加工など、制作の幅は無限大。ネットや電話でプロのアドバイスを受けると新たなアイディアが生まれるかもしれません。サンプルを用意しているところもあるので、出来上がりのイメージもしやすいですね。使い捨てだからとあなどるなかれ!理想の集客コースターを作りましょう。

このページの先頭へ