カフェにおすすめのコースターを作る方法

img035_01_cafe

■お店の顔にもなるコースター。活版印刷でこだわりのものを。

もしあなたがカフェをオープンするとしたら…、こだわるポイントはどこでしょうか?メニューはもちろんですが、店舗のインテリアや食器や看板など雰囲気づくりを大事に考えるでしょう。ここで意外と軽視されてしまっているのがコースターです。コースターなんてシンプルな既製品の無地で良い、なんて考えていませんか。カフェにとって、ドリンクをサービスする際に欠かせないコースターは、お客様の身近に接する大事なアイテム。メニューよりも目にしている時間が長いものです。たかがコースター、されどコースター。それが飾り気のない無地だなんてもったいない!でも他のカフェと差別化できて、さらに気にいったデザインのコースターが見つからない…なんて方にこそ、活版印刷のコースター製作がおすすめなのです。

例えばコースターにロゴやイメージカラーを印刷し、メニューや看板からコースターまで店内で使用するものを全て統一したデザインにすれば、店舗イメージはお客様に強く印象づけられます。そのようにブランディングされたカフェは強く印象に残りますし、来店者の好みと一致すればより好意的に受け入れられるでしょう。コースターまで統一してこそ、すっきりとした店舗づくりが成功するのです。手でさわった感触も面白い活版印刷ですから、視覚だけでなく触覚にも訴えかけるデザインもいいですね。

また、コースターの役割はカフェ店内だけに留まりません。店舗の詳細情報を記載しておけば、ショップカードとしての役割も果たしてくれます。例えばレジ前に置いて持ち帰りを促せば、持ち帰ったお客様が友人におすすめのカフェとして紹介し、新規のお客様に足を運んでいただくきっかけになるかもしれません。街頭でチラシ代わりに配布したり、カフェの壁面に飾ってインテリアのようにしたりと、コースター本来の使い方以外にも様々な活用方法が考えられますね。活版印刷だと両面にデザインが可能なので、表面には店舗名やロゴ、裏面にホームページアドレス、電話番号、地図まで入れて多くの情報を盛り込めば、小さくて軽いプロモーションツールとして活用できます。

 

img035_02_cafe

■活版印刷なら幅広いデザインに対応可能!

活版印刷で作るコースターは、様々なシーンで雰囲気を盛り上げるアイテムとして活用できます。例えばお店の周年記念に何か特別なことをしたいけど…いい案が思い浮かばないし、予算も少ない…。なんてお困りの方は周りにいませんか?そんな時はコースターを変えてみてはいかがでしょう。1ヶ月間限定の特別なデザインのコースターを使用し、普段と違う雰囲気を演出します。お客様のバースデー用に金箔などスペシャルなコースターを用意するのも面白いですね。さりげなくお祝いの気持ちを伝えることができ、粋な演出として喜んでいただけるでしょう。

また、少し大きめのカフェは結婚式の2次会パーティーの会場として貸し切り利用されることもよくあるので、あらかじめお店でウェディング用のコースターを用意しておけば、幹事さんの手間が省けるのでお店選びでライバル店に差をつけられます。他にも、季節の新メニューを写真付きで印刷して告知したり、スペースを作って店長から手書きで一言添える、なんて使い方もオシャレですね。さらにこだわるなら、メニューごとにコースターデザインを変えるなんてことも!例えばアイスコーヒーはモダンでクールなデザインに、抹茶ドリンクなら柄や渋めのカラーで和風なデザインに、フレッシュフルーツジュースなら果物をモチーフにポップでカラフルなデザインに、などなど。ドリンクの個性をさりげなく強調する楽しい演出があるカフェ、素敵ですね。

こだわりのお店づくりに、活版印刷のコースターを活用してはいかがですか?一度ご検討下さい。

このページの先頭へ