ノベルティに最適な紙コースター

img035_01_novelty

■伝えたい情報はノベルティに掲載

ノベルティを製作して配布すると、お店の宣伝・集客に非常に効果的です。企業や商品を宣伝することが目的のノベルティは、いつも目に触れるような実用品を製作するのが一般的。ティッシュや文房具などが代表的ですが、ノベルティとして利用されている商品はいろんな種類があります。しかし、何でもかんでも手当り次第に作れば良いというわけではありません。お店のロゴが入ったものはそのままお店のイメージに直結するため、慎重に選ぶ必要がありますし、目的を明確にせず適当にノベルティを選んでしまうと、せっかく製作したのに効果が薄れてしまうかもしれません。数あるノベルティの中から、ターゲットとなるお客様の嗜好や、お店の業種を連想させるものを選ぶことが重要です。

そうはいっても、できるだけコストは抑えたいところ。低コストでライバル店に差をつけられるノベルティがほしいですよね。そこでおすすめしたいのが紙コースター。ドリンクをサービスする時に必ず目に触れる紙コースターは注目度が高く、身近な販促ツールと言えます。

既製品の無地のものや、酒造メーカーから支給されるものを使っているお店やイベント主催者の方も多いのではないでしょうか。それではせっかくの雰囲気が台無し。コースターは雰囲気づくりにも一役買ってくれる優秀なノベルティなのです。紙コースターは両面印刷が可能なので、裏面に地図などの店舗情報を載せることもできますし、厚紙だから強度に優れていて耐久性も抜群。軽いので持ち運ぶのにも便利です。コンパクトで場所をとらない紙コースターなら、レジ前にショップカードの代わりに置いておけば、宣伝ツールとしても活用できます。珍しさもあって手に取って持ち帰る方も多いでしょう。街中でチラシ代わりに配布すれば、珍しいノベルティ配布として注目を集められるかもしれませんね。

■実用的でオシャレ。持ち帰りたくなるノベルティ

グラスの水滴を受け止めたり、カウンターやテーブルが傷つかないように保護する目的で使われる紙コースターですが、それだけではおもしろくありません。オリジナルで製作するのだから、どうせなら持ち帰りたくなる様な存在感のあるものにしましょう。単純にお店のノベルティとしての役割だけでなく、アイディア次第で新しい使い方も生まれます。オシャレなデザインのものはインテリア性抜群なので持ち帰って使うのはもちろん、ポストカードの様に壁に飾ったりもできます。他には裏面にメッセージスペースを設けて、店主からの一言を添えるなんていかがでしょうか?粋でかっこいい!と女性には特に喜ばれるかもしれませんよ。また、持ち帰ったお客様がメッセージカードとして使うことも考えられますね。Barのコースターに一言メッセージ…なんてドラマの様な展開を期待してしまいませんか!?

このように遊び心ある工夫をすることで、受取手の印象はぐっと深まります。またお店の周年記念や新メニューの告知として限定デザインを製作すれば、特別感が高いので定期的に通って集めたくなるでしょう。店主のこだわりが感じられるものは一度の使用で捨ててしまうことは少なめですが、少し気をつけたいのは、あれもこれもと詰め込み過ぎなノベルティになってしまわないこと。情報過多になり必要な情報が埋もれてしまっては本末転倒ですね。お客様が知りたい情報がきちんと盛り込まれているか、お店を離れてもきちんと役割を果たしてくれるか、お店やイベントの雰囲気に合っていることデザインかも重要です。文字サイズやフォントにも注意し、読みやすい配置に気をつけましょう。シンプルかつ明快なデザインの紙コースターで、伝えたい情報を伝えたい人々に確実に届けることができるノベルティを作ってみましょう。

 

img035_02_novelty

このページの先頭へ