名入れするだけのノベルティとは一味違うコースターを

img039_01_orijinal

■名入れだけでなくオリジナルデザインを!集客効果抜群のツールに変身

飲食店では、メニューや名刺やDMなど様々な印刷物を制作します。数十年前まではテンプレートに名入れしただけのものが主流でしたが、今はオリジナルデザインで作る店舗が大多数。特に名刺やショップカードは個性的なものが増えていますね。しかし、コースターは未だに名入れしただけのものを使っている店舗をよく見かけます。名入れしただけの既製品がダメとは言いませんが、重要な宣伝ツールですからもっと集客効果を持たせたいですね。名入れ以外にも様々な方法でアピールすることができるのに、オリジナルで作らないなんてもったいない!名入れからもう一歩進化したオリジナルコースターを制作すれば、既製品では表現できない雰囲気を演出するアイテムとして役に立ってくれます。

せっかくオリジナルで制作するのだから、思い切った特殊加工を施して作るのはいかがでしょうか。白いコースターの中央に名入れ印刷するだけのシンプルな名入れデザインでも、強く凹凸をつけるエンボスデボス加工なら存在感がありますし、敢えてインキを付けない空押しも独特の高級感があります。黒紙に金や銀の箔押しをすれば一段と豪華な雰囲気になりますし、CMYKでは表現できない特色での印刷も個性的で味わい深いものです。お店の特徴をビジュアルで表現するのに役立ちそうなのが、抜き型で作る変形コースター。ドーナッツショップなら真ん中に穴をあけてドーナッツ型に、女性オーナーのクラブやスナックなら、キュートなハート形なんていかがでしょうか。

また、マッチやショップカードのように持ち帰ってもらえれば、お店の外に出た後も活躍してくれます。人目をひく個性を持たせられればあちこちで注目を集め、高い集客効果があるでしょう。フライヤーのように配布する使い方もできるので一石二鳥ですね。名入れだけでない、オリジナルデザインのコースター、作りたくなってきたでしょ?

■アイディア次第でさらにおもしろい展開を

グラスの下に敷いて使用するだけではもったいない、どうせならお店の隅々で活躍させたいオリジナルコースターの利点を考えてみましょう。手書きできるホワイトスペースを作れば、メモ代わりとして様々な場面で活用できます。例えばカフェではショーケース内のケーキのネームプレートとして使ってみたり、また季節のおすすめメニューなどを手書きして卓上ポップにしたり、穴あけ加工をしてお持ち帰り用のショッパーに飾るのもオシャレですね。女性の集客効果をはかりたいなら、裏面におみくじなんていかがでしょうか? 占い好きの女性だから、毎回ちょっとした楽しみとしてめくってくれるでしょうし、友達との会話にも弾みがつきそうですね。めくって使う用途なら、裏面にコラムを掲載してみるとかも面白いですね。開店エピソードや商品の話、地域の歴史などのちょっと気の利いた雑学もお客様のコーヒーブレイクを楽しんでもらう演出にもってこいです。猫カフェ・ドッグカフェなら動物のまめ知識を載せてみたり、猫の懐かせ方や機嫌の取り方など、ためになりそうで面白そうですね。アイディア次第でどんどん用途が広がります。

決まったように飲み物の下に敷いて使うものだという固定概念にとらわれることはありません。自由な発想で、世界にひとつだけの面白いオリジナルコースターを作って見てください。こうしたちょっとした遊び心やお客様のことを考えた細かなサービスが、意外と集客効果があるもの。ライバル店と差をつけ、コンスタントにお足を運んでいただけるポイントになります。飲み物があるところで必ず目にふれるコースターは、集客効果を高める販促ツールとして非常に有効。ぜひ活用してください。

 

img039_02_orijinal

このページの先頭へ